技術者の転職 | 求人情報はどうやって探す?上手な転職活動の進め方を紹介!

技術者はいったいどうやって求人情報を探したら良いのでしょうか?このサイトでは技術者が転職を考えた場合、どのように求人情報を探せば良いか、また転職活動を成功させるための心構えや進め方について紹介します。

技術者としていくらスキルがある人であっても、自分の性格や体力に合わない職場に就職してしまえば、せっかくのそのスキルを活かすことはできないでしょう。
就職活動の段階で会社と自分との相性がわかれば良いのですが、たいていは実際に勤務を始めてしばらくしてからそういうことに気づくものです。
そうなった時、我慢して働くという選択肢ももちろんありますが、精神的および肉体的な健康を損なうようなことがあるならば、「転職」という選択肢も一度検討してみるのも必要です。

ポイントその1:技術者の転職は難しいという固定概念を捨てる

まず技術者の転職は難しいという固定観念を捨てる必要があります。日本では多くの技術者の方が年間を通して行なっています。

ですから、そんなに身構える必要はないのです。
特に同じ業種間では活躍できる場がたくさん用意されているので、そういうところから選ぶようにしましょう。
一方で職種を変更することは相当な努力が必要となります。なぜなら職能や専門スキル、経歴などによって商品価値を判断されてしまうからです。
例えば化学に関する技術を持っていて化粧品業界で働いていた方が、医薬品業界に転職することは比較的よくあることです。しかしそのような人が電子分野に再就職するのはとても難しいです。

 

退職をする前に、退職理由をリストアップしてみる

また勤めている会社を退職する前に、なぜ退職したいと思ったのか、それをリストアップしておく必要があります。それは次の会社を探すときに、重要な条件になり得るからです。
退職の理由には様々あります。
業務があまりに忙しいからという人もいれば、技術のスキルを活かした仕事がしたいのに営業に回されてしまったからという人もいます。
あるいは単純にさらなるキャリアアップを目指して、ということもあるでしょう。

このようなことをきちんと明確にしておくことで、次に就職した会社でまた同じようなことを繰り返す可能性を減らすことができます。人材コーディネーターの方に相談するのも1つの手かもしれません。

 

時代はネット。転職エージェントに登録してみよう。

実際に転職活動に入ってからは、転職エージェントを上手く利用するようにしましょう。Web上では沢山の転職エージェントのサイトを見つけることができます。
彼らは転職のプロですから、履歴書や職務経歴書などの書き方について、さらには面接の対策まで丁寧に指導してくれるのです。
このような存在は複数の転職エージェント会社から選びましょう。最低でも、はじめは5社以上から合いそうなものを選んでおいた方が良いです。
仕事を続けながら転職活動を続けていらっしゃるケースがほとんどですから、そんなに何社も転職エージェントと面談をするのは体力的に難しいという方も多いでしょう。
ですが週末や平日の夜にも相談会や面談会はたくさん行われています。なので時間に対する心配はそれほどしなくて良いでしょう。
転職エージェントにも得意な業界と不得意な業界がもちろんありますから、間違った情報を握らされてしまう可能性が出てきますから、これくらいの数をはじめは握っておいた方が良いのです。
それにどんなに大きな転職サイトを利用してもその担当者によって、真摯に向き合ってくれる場合とそうでない場合があるというのも理由の1つです。
自分の話をきちんと理解してどのような会社に再就職したいか、それを理解してくれていないと感じた場合には、その転職エージェントの方は断るようにしましょう。
新人の方が自分の担当につけられたら、転職がうまくいく可能性は低くなってしまいます。このような能力の低い担当者だと、転職活動が苦痛になりやすいです。
そうなると結果的に、いまの会社でいいか、と諦めてしまったりしてしまうので、転職エージェントは取捨選択しなければなりません。

転職エージェントを断ることに心苦しさを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、向こうにしてみればそのようなことは日常茶飯事なのであまり気にする必要はないです。
ですから心配せず、自分のことだけに集中して構わないです。

 

転職先が決まったら、会社に退職の意志を伝えよう。

そうやって転職が決まったら、余裕を持って前の会社に退職の意思を伝えましょう。
退職したい日付の直前にその意思を会社に伝えると、強く引きとめられてしまいます。
なぜなら人材の穴を埋める必要が会社側には出てくるからです。
また転職する側にとっても引き継ぎの資料やマニュアル作りなど、それなりの義理を果たさなければなりませんから、期間が短いとなかなか大変でしょう。
円満に退職を迎えるためには、その理由も考えた方が良いです。また理由を尋ねられた場合、引きとめられやすい理由、例えば人間関係とか給料が低いとかはできるだけ避けるべきです。
嘘であっても良いので、それだったら仕方がない、と思わせられるような理由を考えておいた方が良いでしょう。

 

技術者におすすめの転職サイトを紹介

転職エージェント

【非IT・ものづくりエンジニア】メイテックネクスト

  • 元エンジニアのコンサルタントが多数在籍
  • 大企業からの非公開求人も多数保有
  • 業界No.1の求人数

メイテックネクストは、「非IT・ものづくりエンジニア専門転職エージェント」です。元エンジニアのコンサルタントが多数在籍しているため、各業界の情報に精通しています。そのため、自分の転職したい業界・企業の情報を瞬時に集めることが可能です。また、どのように面接を乗り切ればいいのかアドバイスや、模擬面接も行ってくれるため万全の状態で企業との面接に臨むことが出来ます。
大企業からの求人や、非公開の高給与求人も多数保有しているため年収アップを前提としたキャリアアップ転職がしたい方には特におすすめの転職エージェントです。
メイテックネクスト公式サイトへ
非IT・ものづくりエンジニアの転職なら業界No.1のメイテックネクスト

【IT・Web系エンジニア】レバテックキャリア

  • 年収アップを前提とした転職支援
  • 非公開の高給与求人が多数
  • 徹底したサポート体制

レバテックキャリアは、「IT・Web系エンジニア専門転職エージェント」です。年収アップを前提とした転職支援を主に行っており、今の年収に満足のいっていない方にはおすすめの転職エージェントです。
非公開の高給与求人を多数保有しているため、どの分野の仕事でも今より年収を上げることが可能です。
また、カウンセリングを通じて強みを引き出し、履歴書の書き方から面接に至るまで万全のサポート体制が整っているため、企業との面接に集中して臨むことができます。
レバテックキャリア公式サイトへ
年収をアップさせたいIT・Web系エンジニアはレバテックキャリアへ